月のふしぎ (はじめてのかがくのえほん) が出版されます。

この度、私が絵を担当した「月のふしぎ (はじめてのかがくのえほん) 」が出版されます。出版社はマイルスタッフです。9月15日から全国書店で発売が開始されます。天体の専門家監修のもと絵を描かせて頂きました。出版社様の絵を妥協したくないというお気持ちから、結果的に2年という制作時間を頂きました。5才~小学生が対象とのことですが、大人が見ても写実的な絵は楽しんで頂けると思います。お月見の時期ももう少しです。この絵本が月や夜空を見上げるきっかけになれば嬉しいです。
Amazonでの先行予約もはじまりました。

Amazon

絵本の中身が少し見えるのはこちらのサイトになります。
PR TIMS

}

この記事へのコメント

4件のコメント

  • アバター
    澤口淑子 さん

    孫の4歳の誕生日に
    月のふしぎをプレゼントしました。
    関東に住んでいるので
    東京の空のページが気に入っていたとのことでした。
    旭川美術館の北の水彩も
    9月の連休に行ってきました。
    大きい作品は迫力がありますね。YouTubeも始められたので
    すね。
    これからはスマホでも作品に触れられるので楽しみが増えました。

    • 石垣 渉
      石垣 渉 さん

      澤口淑子さま。月のふしぎ、お孫さんに喜んでもらえてよかったです♪
      北の水彩、大作があの点数並ぶのは私の個展でもやらないので、私にとっても貴重な経験です。旭川まで足を運んで頂きありがとうございます。
      YouTubeは新型コロナが切っ掛けです。動画の世界にチャレンジするとは思っていませんでした。動画編集もがんばります。

  • アバター
    さとうあやこ さん

    出版社使用の絵の意味をお聞かせください。
    「月」関連の絵本を150冊くらい見ています。
    なかなかすばらしいと思いました10・17ページの絵が少しふ不思議感あって。

    • 石垣 渉
      石垣 渉 さん

      さとうあやこ様
      コメントありがとうございます。多くの月の絵本を読まれているのですね。そのような方に気に入って頂けたみたいで良かったです。

      出版社使用の絵とは何のことかを考えていましたが、ひょっとして私の上の文章の「出版社様(出版社さま)の絵」のことではないでしょうか?

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)